アイデア編

EPP機の胴体を閉じる時片側の側板を2〜3mm大きく切ります
板で止める時平行ではなく画像のように止めると
このような上部が尖った胴体になります
板に接着剤が付かないように気をつけてください(拡大画像)
同じ長さ、平行に止めた場所の完成
画像
片側大きく切って三角に止めた時の完成画像。接着した部分にはグラステープ補強は必要ありません。裂けるときは接着剤が付いていない所から裂けます
(拡大画像)
モデルモーターにGWSペラを付ける時は画像のようにカットします。シャフト径を広げる時は0.5〜1mm間隔のドリルで空けないと芯がずれます
ホクセイ板シリーズに入っている梱包
のウレタンで作った機体スタンド
ベニヤにウレタンを切ってペタペタ貼っただけ。グライダーにも使えます。
HOTボンドが手軽ですね。10分で出来ます
測定機です
キッチンスケールとペラの間は最低30cmは空けないとペラが失速?します
フルハイで回すとキッチンスケールが
トルクロール始めます
台もスケールもシッカリ固定!
(拡大画像)